• トップ /
  • 受験勉強で大事なのは質

集中して受験勉強に取り組む

大学受験を目指していく上で、もちろん勉強の絶対量は必要になってきます。特に難関大学を目指すのであれば、合格点のハードルも高く、対策すべき科目も多いですし、相当な時間をかける必要があるでしょう。ただ、基本的に受験勉強で重要となるのは質なのです。要するに、いくら1日に10時間や12時間やったとしても、集中力に欠いた学習方法では意味がないのです。逆に、短い時間でも集中して取り組むことによって、十分に合格を目指すことができるのです。例えば、高校3年の夏までガッツリと部活動に取り組んでも、現役で難関大学に合格する人は多いです。そのような人は、部活動をやっていない人や、あるいは早い段階で引退した人よりも、受験対策に費やせる時間は遥かに少ないです。それでも合格することができたのは、集中して質の高い勉強をすることができたからなのです。なので、あまり時間だけに拘るのではなく、質の高い受験勉強に取り組むことを意識していくようにしましょう。最初は30分ほどの短い時間でも構わないので、とにかく意識を勉強だけに集中させましょう。また、メリハリを付けることも大事なので、適度に休息を取ったり、休養日を設けることも必要です。

受験の有益情報

↑PAGE TOP

Menu