• トップ /
  • 受験勉強を始める上での注意

受験勉強でも休養日を設ける

大学受験での合格を目指すために、早い人であれば高校1年のうちから少しずつ勉強に取り組む人も多いでしょう。そして高校3年になれば、予備校に通ったり1日に学習時間を増やしたりして、本格的に受験勉強を始める人が大半でしょう。ただ、その際に注意すべきこととして、必ず週に1日は休養日を設けるようにしましょう。どうしても本格的に取り組んでいくとなれば、1日も休んでいはいけないという気持ちになってしまいます。しかし注意点として、受験というのはどれだけ長く勉強したかを競うわけではありませんし、あくまで合格を目指すことが目標なわけです。そのためには、時間をかけることよりも集中して取り組むことが重要となってくるのです。なので、たとえ受験勉強を本格的に開始してからも、週に1日は休むようにして、疲れを癒して気分をリフレッシュするようにしましょう。そうすることで、また明日から頑張れる気持ちになりますし、気を引き締めて取り組めるようになるのです。そのことを意識しながら学習していけば、より合格に近づくことができるのです。逆に、休養日以外は必ず勉強をする習慣を付けるようにして、絶対に休まないように注意しなければなりません。あまり休みを多くしても、だらけてしまいますから。

受験の有益情報

↑PAGE TOP

Menu